ローン返済に困った人におすすめ?任意売却のメリットとデメリット!

ローンが返済できない人にメリットがある

住宅ローンの返済に困ったら、まずは不動産査定をしてもらいましょう。もしも不動産を売却してローンを完済できるなら、そうしたほうが良いです。しかし、不動産を売却してもローンが完済できない時には、任意売却という方法をするか、競売になるかという2択になってしまいます。例外的に、住宅ローン以外にもたくさん借金がある場合には、債務整理で解決ができることもありますが、ここでは住宅ローンの他に借金はない人のケースで考えます。

インターネットが普及した現在では、一般人でも競売物件情報をチェックをしている人が増えました。しかし、競売物件には内覧ができないこと、住宅ローンが利用できないことなど、デメリットも大きいので、格安で購入されてしまう可能性が高いです。一般的には、任意売却をしたほうが家が高く売れるので、競売よりもおすすめされていることが多いです。

任意売却のデメリットとは?

任意売却にはデメリットもありますが、実はローンを返済できなくなった人には、ほとんどデメリットがないケースもあります。任意売却の大きなデメリットは、ローンを3ヶ月以上延滞してから行うため、ブラックリストにのってしまうということです。ローンを返済していける人にとってはこれは大きなデメリットですが、すでにローンが返済困難になってしまっている人は、いずれにしてもブラックリストにはのってしまうでしょうから、デメリットとは言えません。

ローンを返済していくという選択肢が残っている人はよく考えて行うべきですが、競売になるか、任意売却になるかという2択まで追い込まれた人にとっては、家が高く売れるというメリットのほうがはるかに大きいでしょう。

任意売却の実績の良い不動産会社にお世話になることで、素人であっても物件の市場価値をすぐに把握することが可能です。