仲介手数料無料にこだわって賃貸物件探しをしてみよう!?

仲介手数料は家賃の半額が基本です

仲介手数料として何の説明もなく家賃の1ヶ月分を請求してくる不動産屋は、残念ながら違法営業を行っているので相手にしてはなりません。真面目に営業している優良不動産屋ならば、家賃の半月分を賃貸人と賃借人双方から受け取れるものの、賃貸人が払う分について賃借人が払う特約を結んだ場合に限り、家賃1ヶ月分の仲介手数料を受け取れる説明をしっかりしてくれます。最も簡単な優良不動産会社の見分け方として覚えておくと良いでしょう。仲介手数料半額と謳う不動産屋についても、法律上定められた正規の仲介手数料が家賃の半月分ですから、半額という表現にも問題があります。法律通りに地道な営業をしていると、利益が少ないので儲け主義の不動産屋は、お金にがめつくなりがちで、優良物件よりも不動産屋が儲かる物件を案内しがちです。

仲介手数料無料でも不動産屋に利益は入る

不動産屋の中には、仲介手数料を家賃の半月分または無料としている会社があります。広告効果が高いだけでなく、不動産屋の実情を隠さずに話してもらえるので、安心して利用出来るでしょう。大家から元請け不動産屋に対して出ている広告料は、家賃の1ヶ月から数カ月分と多いので、客付け不動産屋として元請け不動産屋と広告料を折半するだけでも十分に利益を出せます。空室対策をしたいと考えている大家ならば、広告料を大目に出してもらえるので、キャンペーンを行っている部屋を中心に紹介すれば、仲介手数料無料にしても不動産屋の営業が出来ることを証明しています。なるべく良心的な不動産屋を探すと良いでしょう。

登別の賃貸には、単身者や学生におすすめの物件やペットと同居可能のマンションなど幅広い物件が用意されています。