賃貸初期費用は具体的にどのくらいなのか!?基礎知識があれば無駄を省ける

敷金と礼金は地域と物件により変わる

敷金はオーナーへ預けておき退去時に精算されて戻ってくる費用ですが、礼金はオーナーへの感謝の気持ちを表すものですから、返金されることはありません。西日本では敷引きという独自の制度があるので、家賃の3ヶ月分必要となることがありますが、東日本では1ヶ月または2ヶ月分程度が一般的です。礼金はオーナーが金融機関からの借入により物件を建築している場合には設定できず、礼金設定があるオーナーは経営に困っていない可能性が高いです。敷金と礼金を合わせて家賃の3ヶ月分程度用意しておけば良いでしょう。

前家賃と日割り家賃に加えて火災保険料も必須です

賃貸借契約を結ぶ際には、家賃の支払い方法について取り決めがありますが、基本的に翌月分の家賃を月内に前払いする制度が一般的です。当月分家賃は日割り計算されるケースが多いので、前家賃と日割り家賃を合わせて2ヶ月分弱を用意しておけば良いでしょう。火災保険については、管理会社や不動産屋が指定してくることがありますが、オーナーに納得して貰えれば好きな火災保険に入ることも可能です。

仲介手数料は法律知識で正しく認識しよう

仲介手数料については、法律により不動産屋は家賃の最大半月分までを貸主と借主双方から受け取ることが可能です。特約を結ぶことにより、本来貸主が払う仲介手数料についても借主が払うことが出来る制度があるので、しっかり宅地建物取引士から特約について説明を受けた場合に限り仲介手数料1ヶ月分を支払うことになります。特約の説明がしっかり出来ない不動産屋は、残念ながら信用出来ないので最初から家賃半月分のみ受け取る不動産屋へ仲介依頼すると良いでしょう。

入居前に敷金や賃料について交渉をするのが、菊水の賃貸物件にお得に入居して、新生活を始めるための最善の方法です。