賃貸契約の基礎知識!敷金と礼金について詳しく知ろう

敷金は万が一のときのために預けておく修繕費のこと

敷金とは、あらかじめ大家さんに渡しておく修繕費のことだと考えて問題はないでしょう。入居者の落ち度で部屋を汚してしまったり傷つけてしまった場合には、敷金の中から必要なお金を出して、その部分の修繕やクリーニングをすることとなります。自然に劣化していく分は大家さんが自分のお金で修繕しなければならないのですが、慣習として退去時のクリーニング代には敷金の一部が充てられています。残りは必要なければ返ってくるので、払い損ということにはなりにくいです。部屋をきれいに使えば、敷金はほとんど戻ってくると考えていいでしょう。

礼金は基本的には返ってくることがない

礼金というのは、単純に感謝の気持ちを込めて大家さんに渡すお金のことで、これはそのまま大家さんのものとなります。ただの感謝のお金であって、なぜ支払う必要があるのかというと、それは慣習だからだとしか言えません。昔から続いている日本ならではの慣習が今も残っているというだけの話です。ただ、最近は都市部を中心にして、この礼金を取らない賃貸物件も増加中です。不動産仲介サイトでは、礼金がゼロの物件に絞って検索をすることも可能になっています。敷金はどこでも支払う必要があるものですが、礼金は支払わないに越したことはありません。ただの損でしかないので、礼金ゼロの物件はやはり人気が高いです。敷金も礼金も大体家賃の一ヶ月分程度です。中には敷金礼金がともにゼロだという物件もあるので、初期費用を抑えたいならそうした物件を探しましょう。

新札幌駅周辺は、新札幌副都心の玄関口として知られています。そのため、交通の利便性が非常に良いことから、新札幌の賃貸物件はビジネスでも使いやすい物件が多くあります。