暖房費の節約も可能?オール電化の賃貸マンションに注目が集まっている

寒い地域では暖房費が馬鹿にならない

北海道や東北地方、本州の日本海側などは非常に寒くなります。積雪も多くなりますし、暖房費も馬鹿にならない額になります。特にプロパンガスを使っている物件なら、月々の暖房費だけでも五万以上することがあります。これでは、家賃が低くても出費が大変なことになってしまいます。暖房費を少しでも抑える工夫をしなければいけませんよね。オール電化が果たされた賃貸マンションを選ぶことは、その工夫の一つになります。

オール電化賃貸なら暖房費を安くできる

オール電化というのは、室内のエネルギーをすべて電気にして生活をしようというスタイルのことです。ガスを使わないので、コストが安く抑えられます。プロパンガスと比較をすると、かかるコストは数分の一になるのが普通です。お風呂も料理もすべて電気の力で賄っていくスタイルは、環境にも優しいと言われています。夜間の割安な電気を使ってお湯を沸かしていくことができるので、コストが安く済ませられるわけですね。夜間の電力は昼間の三分の一ほどですから、圧倒的なコストパフォーマンスとなります。

安全性も高いので子どもやお年寄りも安心

子どもやお年寄りがいる家庭では、ガスを使うのは危険を伴います。きちんと換気をしなければ一酸化炭素中毒になってしまいますし、実際に火を使うために火傷などをしてしまう確率もアップします。近くに燃えるものを置いておくと火事になることも考えられますよね。色々とリスクがあるので、その意味でもオール電化な賃貸マンションには価値があります。オール電化なら、ガス漏れも一酸化炭素中毒も怖くありませんし、火事になるリスクも減らせます。

東札幌の賃貸事情として、地下鉄が通っているにも関わらず安いということが挙げられます。札幌の中心まですぐに移動出来ます。