間取り図を読み取ろう!足りないものはない?

間取り図からわかる過不足

賃貸物件を探すときには間取り図を読めることが重要です。リビング、ダイニング、キッチンなどは直感的にわかっても、それ以外にも必要なものが揃っているかどうかをよく確認しなければなりません。トイレや風呂場、洗面所という程度までは通常は気がつくものですが、収納となると忘れてしまいがちです。押入れが寝室にあるかないかで寝室の広さが実質的に変わってしまいます。また、それ以外の場所に収納が確保してあるだけで家全体を広く使うことが可能です。部屋のウォークインクローゼットなどがあると快適に使うこともできるでしょう。書いてあるものを判断するとともに、不足しているものがないかを確認する上で間取り図は重要です。

レイアウトにも要注意

間取り図からはレイアウトも理解することができます。廊下を使ってどの部屋とどの部屋がつなげられているかが一目瞭然です。一本の廊下で複数の部屋がつながっているように設計されていると面積を有効活用できます。しかし、多くの人が出入りする場合には衝突してしまいやすいので、廊下を広めに取っておくことが必要です。このような情報を間取り図から読み取れるようになると住みやすい賃貸物件を選ぶことが可能になります。特に住む人数が増えるほど間取り図を読み解ける能力が重要になるので、まだ一人暮らしや二人暮らしのうちから家族で暮らすことを想定して間取り図を読む訓練をしておくと安心です。生活をしている姿を考えて間取り図を読むのが基本になります。

札幌市北区にある麻生は、麻生駅を中心にした地域です。麻生駅周辺にはショッピングセンターや飲食店があり、鉄道路線やバス路線も整備されているので、麻生の賃貸マンションは住みやすいことで知られています。